​執筆・講演

 これまで臨床の現場から歯科臨床における様々な問題提起を研究に反映することに努めてきました。また、その結果を臨床に還元し学術論文や学会発表・講演を通して報告して参りました。

 歯科医療は日進月歩で、新しい技術や材料は論文として報告されます。一般的には複数の論文から得られた結果やそのエビデンス(根拠)はレビュー論文などで再評価されます。そして、有効性の高いものは学会などから発行される治療指針に組み込まれたりして、臨床の現場に普及していきます。

 治療はエビデンス・ベースで行うべきですが、こうした情報を患者に適用する際には,患者の病状と周囲を取り巻く環境,患者の好みと行動,医療者の臨床経験なども含めて考慮すべきとされています。

 

​<論文>

1. 上野大輔. 歯槽骨欠損の分類と骨造成法の選択基準. 日本補綴歯科学会誌11巻4号P321-326.2019

2. Ueno D, Banba N, Hasuike A, Ueda K, Kodama T. A sinus floor re-augmentation technique around an apically exposed implant into the maxillary sinus. Journal of Oral Implantology. 2019 Jun;45(3):213-217.

3. Hasuike A, Ueno D, Nagashima H, Kubota T, Tsukune N, Watanabe N, Sato S. Methodological quality and risk assessment in systematic review of treatment of peri-implantitis. Journal of Periodontal Research. 2019 Aug;54(4):374-387. 

4. 上田一彦,西村好美,川端誠一,勝田康弘,瀬戸宗嗣,上野大輔,廣安一彦,渡邉文彦. インプラント治療におけるデジタル技術の応用. 歯学. 2017 Accepted

5. Ueno D, Nakamura K, Kojima K, Toyoshima T, Tanaka H, Ueda K, Koyano K, Kodama T. A stepwise under-prepared osteotomy technique improves primary stability in shallow-placed implants: a preliminary study for simultaneous vertical ridge augmentation. Odontology. 2018;106:187-193

6. Ueno D, Kobayashi M, Tanaka K, Watanabe T, Nakamura T, Ueda K, Nagano T. Measurement accuracy of alveolar soft tissue contour using a laboratory laser scanner. Odontology. 2018;106:202-207

7. Ueno D, Watanabe T, Tanaka K, Nagano T. Guided bone regeneration in peri-implantitis bone defect after free gingival graft: A case report. Journal of Implant and Advance Clinical Dentistry (Ahead of Print, 2017)

8. Ueno D, Nagano T, Watanabe T et al. Effect of the keratinized mucosa width on the health status of peri-implant and contralateral periodontal tissues: a cross-­sectional study. Implant Dentistry. 2016;25:796-­801 

9. Isoda Y, Imamura E, Ueno D et al. Use of a trephine bur and cureQe for minimally invasive harvesting of particulate cancellous bone and marrow from the iliac crest: A case of alveolar ridge reconstruction. International Journal of Implant Dentistry.2016;2-­1:1-­6

10. Ueno D, Kurokawa T, Maruo K et al. Palatal window osteotomy technique improves maxillary sinus augmentation in previously insufficient augmentation case. International Journal of Implant Dentistry. 2015;1-­19:1-­4. 􏰀
11. Ueno D, Jayawardena JA, Kurokawa T. Peri-­implant dehiscence coverage with a modified semilunar coronally positioned flap in posterior maxilla: A case report. International Journal of Implant Dentistry. 2015;1-­15:1-­4􏰀

12. Charles L, Woodman J, Ueno D et al. Effects of low dose FGF-­2 and BMP-­2 on healing of calvarial defects in old mice. Experimental Gerontology. 2015;64:62-­69 
13. Ueno D. External bone augmentation using hydroxyapatite-­coated titanium fiber web in the rabbit mandible: Use of the molecular precursor method. Doctoral Dissertation at Aichi Gakuin University 2014

14. Ueno D. Dental implant treatment in super ageing society. Biophilia. 2014;10:61-­68. (in Japanese) 􏰀

15. Xiao L, Ueno D, Catros S et al. FGF2 isoform (LMW/18 kDa) over-­expression in preosteoblast cells promotes bone regeneration in critical size calvarial defects in male mice. Endocrinology. 2014;155:965‑974. 
16. Ueno D, Sekiguchi R, Morita M at al. Palatal mucosal measurements in Japanese population using cone-­beam computed tomography. Journal of Esthetic & Restorative Dentistry. 2014;26:48‑58. 

17. Ueno D, Isoda Y et al. Extraction of the impacted residual root adjacent maxillary sinus with sinus floor elevation for implant placement: A simultaneous approach. Clin Adv Periodontics. 2014;4:43-­48.
18. Hidaka T, Ueno D. Pokrycie dehiscencji błony śluzowej wokół wszczepu śródkostnego za pomocą dokoronowego przesunięcia płata z wykorzystaniem techniki kopertowej -­‐‑ procedura dwuetapowa. Medycyna Praktyczna Stomatologia 2013;2:91-‑96 (in Polish)

19. Ueno D, Sato M, Hayakawa T. Guided bone regeneration using hydroxyapatite-coated titanium fiber web in the rabbit mandible: Use of the molecular precursor method. J Hard Tissue Biology. 2013;22:329-­36 
20. Hidaka T, Ueno D. Mucosal dehiscence coverage for dental implant using sprit pouch technique: A two-­‐‑stage approach. Journal of Periodontal & Implant Science. 2012;42:105-109 

21 Ueno D, Sato J et al. Effects of Implant surgery on blood pressure and pulse rate during sedation with propofol and midazolam. Int J Oral Maxillofac Implants. 2012;27:1520-­26 
22. Ueno D, Sato J, Igarashi C, Ikeda S, Morita M, Shimoda S, Udagawa T, Shiozaki K, Kobayashi M, Kobayashi K, Accuracy of oral mucosal thickness measurements using spiral computed tomography. Journal of Periodontology. 2011;82:829-­36. 

23. Watanabe G, Ueno D, Isoda Y et al. Clinical evaluation using image analysis of lingual foramina with spiral computed tomography in edentulous mandible and hemorrhage risk in floor of the mouth after implant surgery. Journal of Japanese Society of Oral Implantology. 2011;24:19-­25 (in Japanese)
24. Ueno D, Kawasaki F et al. Morphological Evaluation of Peri-­Implant Mucosa. Implant platform as new reference plane. Journal of Japanese Society of Oral Implantology. 2009;22:45-­50 (in Japanese)

<著書>

1. 歯学生の口腔インプラント学 (分担執筆) 医歯薬出版p26-28, 2014年

2. 超高齢化社会を元気で安全に過ごし て頂くための歯科の役割;安心安全なインプラント治療

 ビオフィリア電子版 10号P61-18

3. インプラント治療のエビデンスを再検討しよう「インプラント治療における軟組織移植の適応を考 える」 Quintessence Dental Implantology Vol.23 No.1. P34, 2016年

4.高度歯槽提萎縮症例における垂直的骨造成同時インプラント埋入手術Quintessence Dental Implantology  2017年 vol27,P25〜27

5  英語論文執筆のいろは: 観察研究における英語論文の書き方 Quintessence Dental Implantology  2019年 vol1

6. 英語論文執筆のいろは: ケースレポートの書き方 Quintessence Dental Implantology  2019年 vol2

7. 英語論文執筆のいろは: 横断研究と原著論文の書き方 Quintessence Dental Implantology  2019年 vol3

8. 日本歯周病学会 歯周病患者における口腔インプラントの治療指針およびエビデンス

9. 英語論文執筆のいろは: 縦断研究と原著論文の書き方 Quintessence Dental Implantology  2019 vol4

10. 原著論文の読み方とエビデンスの活用 Quintessence Dental Implantology  2019 vol5

11. クレスタルアプローチとショートインプラントを活用した低侵襲インプラント治療の提案 Quintessence Dental Implantology  2019 vol5

12.  システマティックレビューの読み方とエビデンスの活用 Quintessence Dental Implantology  2019 vol6

<翻訳>

1. 重要8キーワードに学ぶ すぐ見てわかるインプラント101症例 (分担翻訳) 2015年

    クインテッセンス出版P123

2. Louie Al-Faraje Anatomy クインテッセンス出版(分担翻訳)2015年

<講演>

1.  骨補填材の基礎知識:横浜口腔インプラント研究会 2012年

2.  骨補填材の基礎知識:日本口腔インプラント学会関東甲信越支部第三回学術シンポジウム 2012年

3. インプラント治療における骨補填材の選択基準:Art of Science年次総会 2013年

4.インプラント周囲に角化粘膜は必要か?: Young ITI Meeting 2013年

5.  インプラント周囲に角化粘膜は必要か?:ITI Study Club 横浜 2013年

6.   骨補填材の基礎知識:横浜口腔インプラント研究会2013年

7.   骨補填材の材料特性と選択基準:IOM 第26回例会 2013年

8.   骨造成:Periosthetics 2014年

9. インプラント治療における軟組織移植の適応を考える:日本口腔インプラント学会関東甲信越支

  部第三回学術シンポジウム2015年

10.  歯科医が求める骨補填材の要件とは?:技術情報協会 2015年

11. 上顎洞底挙上術を成功させるためのポイント:ITI Study Club SUN 2016年

12. インプラント治療における様々な骨造成について:ITI Study Club 北海道1 2016年

13. 顎堤萎縮症例における骨増生コンセプト:ストローマンフォーラム2016 2016年

14. インプラント治療に関連した骨増生のパラダイムシフトITI Study Club 新潟 2016年

15. 高度歯槽堤萎縮症例における水平的垂直的骨造成 ITI Study Club YC神奈川 2017年

16.超高齢化社会における歯科の役割 特別養護老人ホーム 百楽荘 2017年

17.歯槽堤萎縮症例における水平的垂直的骨造成 診断と治療戦略 Periosthetics 2018年

18.歯槽堤萎縮症例における水平的垂直的骨造成 ITI Meeting 2018 2018年

19.歯槽堤萎縮症例における水平的垂直的骨造成 鹿児島大学 2018年

​20.インプラント審美修復における水平的・垂直的骨造成 日本補綴歯科学会 プロソ18 2018年

21. 歯槽堤が萎縮した有病高齢者におけるインプラント治療戦略:ストローマンフォーラム2019 2019年

22. 歯槽堤萎縮症例における水平的垂直的骨造成 長崎大学 2019年

<セミナー>

1.   骨再生誘導法の基礎と臨床 鶴見大学インプラントセンター 2014年

2.   GBR using Diprotenized Bovine Bone Mineral: University of Freiburg Dept. of Oral and    

      Maxillofacial Plastic Surgery, Weekly Morning Seminar 2015年

3.   Block bone graft, GBR, Split crest: 神奈川歯科大学横浜クリニックサテライトセミナー 2015

4.   Sinus floor augmentation: 神奈川歯科大学横浜クリニックサテライトセミナー 2015

5.   骨造成の基礎と臨床:神奈川歯科大学横浜クリニックサテライトセミナー 2016

6.   インプラント審美修復: 神奈川歯科大学横浜クリニックサテライトセミナー 2016

7. インプラントの埋入時期と荷重プロトコール:神奈川歯科大学横浜クリニックサテライトセミナー 2017

​8.   ストローマン外科ベーシックセミナー 2017

​9.   Straumann ベーシックGBRセミナー 2019年

​10. Straumann サイナスリフトハンズオンコース 2020年

<学会発表>

1. Computer guided implant placement with an under-prepared osteotomy technique and simultaneous vertical ridge augmentation: A case series in the atrophic posterior mandible, Osteology National Meeting, Japan 2017

2. A stepwise under-prepared osteotomy technique improves primary stability in shallow-placed implants: a simulation study for simultaneous vertical ridge augmentation, Osteology National Meeting, Japan 2017

垂直的骨増生同時インプラント埋入を想定した初期固定の評価 日本口腔インプラント学会関東甲信越支部 2017

3. ラットを用いたインプラント周囲炎モデルの確立 日本口腔インプラント学会関東甲信越支部 2017

4.ブタ腸骨におけるカッティングスレッドを有したテーパー型インプラントの初期固定に関する検討 日本口腔インプラント学会中国四国支部 2016

​5. ブタ腸骨の上顎洞底挙上術同時インプラント埋入モデルにおける4種類のインプラントの初期固定に関する検討

初期固定に関する検討

6.抜歯即時埋入における唇側皮質骨穿孔の評価:バーチャルシミュレーションスタディー 日本歯周病学会学術大会 2016

7.日本人の歯科審美領域の評価 日本歯周病学会学術大会 2016

8. Accuracy of alveolar contour measurements using a laser scanning method: a novel evaluation method of implant related surgery. European Association for Osseointegration 2014

9. 歯科用CTを利用した抜歯後の歯槽堤形態変化の評価.日本歯科保存学会 2014

10. 光学式3次元スキャナーを用いた抜歯窩の形態変化の評価. 日本口腔インプラント学会学術大会 2014

11. レーザー式3次元スキャナーを用いた歯槽堤計測の精度評価.日本口腔インプラント学会学術大会 2014

12. CTデータ3次元重ね合せソフトを用いた抜歯窩の形態変化の検討.日本口腔インプラント学会学術大会 2014

13. Guided bone regeneration using hydroxyapatite-coated titanium fiber web. International Association of Dental Research - Asia Pacific Region 2013

14. Palatal mucosal measurements in Japanese population using cone-beam computed tomography. International Association of Dental Research - Asia Pacific Region 2013

15. BMP-2 Synergizes the Bone Healing Effect of FGF-2 on Calvarial Defects in Mice. Eastern meeting, American Federation for Medical Research. 2013

16. 側方アプローチによる上顎洞底拳上術後の移植骨の経時変化に関する臨床的検討.日本口腔インプラント学会学術大会.2013

17. CBCTを用いた口蓋粘膜の形態計測. 日本口腔インプラント学会学術大会.2013

18. BMP-2 Synergizes the Bone Healing Effect of Low Molecular Weight FGF-2 on Calvarial Defects in Mice.

19. Differing Proportions of Bi-phasic Calcium Phosphate and Demineralized Allograft in Scaffolds used for Dental Implant Bone Augmentation.

20. オトガイ孔間のインプラント体埋入後にオトガイ部知覚異常を起こした1症例.

21. Exported 18-kDa Isoform of Fibroblast Growth Factor-2 Improved Bone Regeneration in Critical Size Mice Calvarial Defects. American Society for Bone and Mineral Research Annual Meeting. 2012

22. Differing proportions proportions of bi-phasic calcium phosphate bone graft substitute and demineralized allograft in biomaterial scaffolds used dental implant bone augmentation. Academy of Osseointegration. 2012

23. 下顎臼歯部遊離端欠損に対しインプラント補綴治療を行った1症例 日本口腔インプラント学会学術大会.2011

24. コネチカット大学補綴科,生体材料センタ-の留学経験について. 鶴見歯学 2011

25. Accuracy of computed tomography for the measurement of masticatory mucosa. European Association for Osseointegration. 2010

26. プロポホール, ミダゾラムを併用した静脈内鎮静法下インプラント治療のリスクマネージメント 血圧, 脈拍の変動について. 日本口腔インプラント学会学術大会.2010

27. 当科における上顎洞底術症例の臨床的検討. 第40回日本口腔インプラント学会学術大会. 日本口腔インプラント学会学術大会.2010

28. Anatomical evaluation of peri-implant mucosa. Academy of Osseointegration 2009

29. 口腔顎顔面インプラント科における上顎歯槽骨欠損症例に対するインプラント埋入症例の臨床的検討. 鶴見歯学 2009

30. Evaluation of sac for free-end missing rehabilitationed with implants. 日本口腔インプラント学会学術大会.2009

31. 上顎インプラント症例における埋入術式の臨床的検討. 日本口腔インプラント学会学術大会.2009

32. インプラント埋入時の熱傷が原因と考えられる術後疼痛の5症例. 日本顎顔面インプラント学会. 2008

33. 上顎洞底術術後に発生した合併症の3症例. 日本顎顔面インプラント学会総会.2008 

34. インプラントプラットホームを基準とした周囲軟組織の形態的評価.  第38回日本口腔インプラント学会東北北海道支部学術大会2008年

35.  ウサギ脛骨におけるインプラント周囲の骨形成と安定度の検討第38回日本口腔インプラント学会学術大会.2008

36.インプラント破折を繰り返したすれ違い咬合の一症例. 第38回日本口腔インプラント学会学術大会.2008

​ 

上野大輔