インプラント治療の利欠点

 インプラント治療を従来から行われてきた補綴治療(欠損部の形態と機能を人工物で補う治療)と比較してみます。たとえば、固定性補綴のひとつである従来型 のブリッジは、欠損部に隣接する歯を多量に削合する必要があります。欠損が大きい場合はより多くの支台歯を必要とするため、支台歯への負担が大きくなると いう欠点があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

可撤性義歯(入れ歯)の場合は、歯を削る量は最小限であ るものの、脱着の煩わしさや、異物感、発音障害が生じやすく、咀嚼障害が十分に改善されないこともあります。

 

 

 

 

 

 

 通常、インプラント治療は隣の歯を削る必要がありません。また、可撤性義歯 と比較したとき天然歯に近い咀嚼能力を有し、異物感が少ないなどの利点があり ます。

 

 一方で、インプラント治療は外科的な処置が必要となること、治療費が高額であることなどの欠点があります。また、天然歯(自身の歯)の特徴を完全に再現できるわけではありません。 インプラントは天然歯のように歯根と骨の間に歯根膜の介在を認めないため、咬む力(咬合力)を緩圧することが難しく、咬合(噛み合わせ)に慎重 な配慮が必要になります。

 

 

 

 

 

 

 

 さらに歯垢(プラーク)に対する抵抗性が低く、天然歯の歯周病よりも骨吸収の進行が早いことが報告されています。そのため、インプラント補綴を終えたら何もしなくてもよいわけではなく、長期的に健康な状態 を維持するために定期検診とメインテナンス(クリーニングや噛み合わせの調整など)が重要となるわけです。 

保存困難な歯を抜歯     欠損部の隣の歯を削合       ブリッジを作成       ブリッジを接着剤で固定  

インプラントは直接骨にくっついている。

天然歯は歯根膜を介して

骨にくっついている。