当院の歴史

 上野歯科医院は戦後直後の1947年に初代院長・上野立男が広島県高田郡吉田町に開院致しました。当時は患者数に比べて歯科医師数が著しく不足した時代でしたので、患者さんが待合室から溢れて外のベンチでお待ちになることも珍しくありませんでした。

 医療設備も限られた中での診療でした。歯を削る機械も旧式の足踏み式で、虫歯を取り除くだけでも一苦労の時代でした。

お知らせ

 1978年には二代目院長の上野修が診療に加わり、1990年に同地に歯科医院を新築し医療設備の拡充を致しました。2003年には外壁の改修工事を行い現在に至っています。

 近年、歯科医療技術の進歩は目覚ましいものがあります。時代のニーズに合った高水準の医療を提供するために、2017年より歯科用CTや手術用超音波切削器具などの医療機器の導入も行っております。また、高齢化の進む地域のニーズに合わせ院内改装を行い、バリアフリー対応の医院になっています。

名称:上野歯科医院

所在地:広島県安芸高田市吉田町吉田 1218

連絡先:0826-42-0252

設立:1947年

診療科:歯科、口腔外科、小児歯科

主な設備:歯科用CT、インプラント、手術用超音波切削器具