骨造成を行わないインプラント治療

​ 近年、インプラント表面の加工技術の進歩によって、より少ないインプラント・骨接触面積で、上部構造(被せ物)をささえることができるようになりました。これにより、①従来より短いインプラントを選択できる。②従来より少ない数のインプラントで上部構造をささえることができるようになりました。

 

 また、従来では骨が少ない部位には骨造成の後にインプラントを植立していましたが、骨造成するのを避け骨のある部位にのみに固定をもとめるグラフトレス・コンセプトも一般的になってきています。骨造成を行わないことは①術後の腫れが少ない、②治療コストが軽減される、③治療期間が短いなどの利点があります。

 

 一方で、少ない本数で多くの被せ物を支えることはインプラント体の早期脱落のリスクをあげる可能性もありますので、上野歯科医院では患者様個人個人の適応について十分な検討を行った後に施行します。