医師の紹介

院長 上野修

1974年  九州歯科大学卒業

1974年  広島大学歯学部 第二補綴学講座 入局

1975年  広島大学歯学部 第二補綴学講座 助手

​1978年  上野歯科医院 勤務

1983年  上野歯科医院 院長

​1947年に安芸高田の地に開業した歴史ある医院です。

地域に根ざした安心安全な治療を心がけております。

ご挨拶

​歯科医師 上野大輔

​神奈川歯科大学 客員教授

2005年  愛知学院大学歯学部卒業, 歯科医師免許所得(歯科医籍152973), 開業医勤務

2007年  鶴見大学歯学部附属病院 口腔顎顔面インプラント科 入局

2009年  コネチカット大学(米国)再建科学講座 ITIスカラー

2012年  鶴見大学歯学部附属病院 口腔顎顔面インプラント科 助教

2014年  愛知学院大学 歯学博士

2015年  フライブルグ大学(ドイツ) 口腔顎顔面形成外科学講座 客員医師

2015年  鶴見大学大学歯学部 有床義歯補綴学講座 非常勤講師

2015年    神奈川歯科大学大学院 インプラント・歯周病学分野 講師

2017年    上野歯科医院 勤務

2017年  神奈川歯科大学大学院 インプラント・歯周病学分野 非常勤講師

2017年    日本歯科大学新潟病院 口腔インプラント科 臨床講師

2018年  神奈川歯科大学大学院 インプラント・歯周病学分野 客員教授

  • 公社)日本口腔インプラント学会 専門医 (第880号)

  • 日本歯周病学会 会員

  • ​ITI SC YC神奈川 Co-director

  • ITI Fellow

  • ITI Japan Certified 

  • ITI Section Japan Communication Committee

  • OJ 正会員

  • 日本臨床歯科医学会 会員

  • 北里大学病院形成外科 非常勤医師

  • ITI Speaker

  • ​Straumann Speaker

 

<学会活動>

​2012年 日本口腔インプラント学会 関東甲信越支部第3回学術シンポジウム 実行委員

2013年 日本口腔インプラント学会 関東甲信越支部第4回学術シンポジウム 実行委員

2014年 日本顎顔面インプラント学会 第23回教育研修会 実行委員

2014年 第44回日本口腔インプラント学会 学術大会 実行委員 

2015年 日本口腔インプラント学会 関東甲信越支部第5回学術シンポジウム 実行委員

2015年 日本口腔インプラント学会 関東甲信越支部第6回学術シンポジウム 実行委員

2015年 日本歯周病学会「歯周病患者におけるインプラント治療の指針」

      ガイドライン作成SRチーム・メンバー

2017年 日本臨床歯科医学会 学術誌 編集委員

 

 

歯科治療は口腔機能を修復、回復することによって国民の健康長寿の促進し、生活の質を向上するために必須の医療です。いつまでも「しっかり噛めて、美味しく食べる」には歯を失わないことが最も大切ですが、すでにたくさんの歯を失い従来の治療法では咀嚼機能の改善が難しい患者さんもおられます。そのような患者さんの「噛める」を実現するために国内、海外の大学病院で「インプラントを用いた顎口腔再建」をテーマに研鑽を積んで参りました。

 2007年からは鶴見大学にてインプラント治療の基礎を学び、2009年にはITI(スイスを本部におく学術組織)の奨学留学生として1年間コネチカット大学にて臨床・研究に従事しました。帰国後は複数の大学で教員として後進の指導にあたっております。

 臨床の現場からの問題提起を研究に反映し、結果を臨床に還元することをモットーとしており、これまでに学術論文として複数報告してきました。一般開業医では治療困難なインプラント難症例にも専門医として対応してきた経験がありますので、インプラント治療でお困りの方の御来院をお待ちしております。

1978年  横浜歯科技術専門学校 卒業

1983年  アートセラミックラボラトリー 取締役

1985年  横浜歯科技術専門学校 非常勤講師

1994年  ITIインプラント上部構造認定インストラクター

2002年  ドイツWIELAND AGC マスター インストラクター

「歯」は生活してゆく上でなくてはならないものの一つです。しかし一度失ってしまった身体の一部を修復、補い、機能を回復するには、チーム医療が欠かせません。
患者様の歯に対する意識や努力はもちろんですが、歯科医師と周りのスタッフ、そして私たち歯科技工士のそれぞれの立場での精密な作業や熟練した経験、常に進化する材料やテクニックが一体となって初めて神秘的な物へと代わります。まさに“人と技術の一体化”で初めて成功すると自負しております。
弊社では先生方の包括的な治療に応えられますよう、一口腔内を単位とした審美補綴や歯周補綴、また欠損補綴を常に考慮し、患者様にとっての新しい世界を創造します。
また患者様の満足感を常に念頭におき、患者様の要望に適った一人ひとりの個性を引き出しつつ、生体にやさしい金属や材料を選択し、マイクロスコープテクニックによる精度の高い技術により、身体の一部を導き出すように日々努力しております。
私たち『ART CERAMIC』のスタッフが『人と技術の一体化』を念頭に、患者様や先生方のお役に立てる、よきパートナーでありたいと願っております

歯科医師の上野大輔 

ご挨拶

連携 歯科技工士 杉山雅和

審美 技工 補綴 インプラント 上野歯科 安芸高田市

ご挨拶

日本口腔インプラント学会 専門医 広島