プラークコントロール

 プラークとは、歯垢のことで、食べカスや細菌などによって構成されます。歯や歯茎に定着することによって、虫歯や歯茎の腫れの原因になります。歯面に付着したプラークを放置すると、唾液の成分によって石灰化し歯石へと変化していきます。歯垢は歯ブラシで除去できますが、歯石は歯ブラシで除去できません。歯石を形成するとより悪性度の高い歯周病菌が増え、歯周病を進行させる原因になります。

 

 また、歯周病治療を行う上で、プラークコントロールが不十分であると、歯科医院での治療 [スケーリング(歯石除去)、歯周外科治療]の効果は著しく低下すると言われています。歯周治療は良好な口腔衛生状態を維持することで歯周病の進行を抑制できるのです。このため、プラークコントロールは歯周病治療において最も優先されます。

 

 日々の適切な歯ブラシと、定期検診でのプロフェッショナルクリーニングは虫歯と歯周病の予防に不可欠です。